バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 静岡県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、静岡県内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

静岡県の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

数ある着物バイセルの中でも、ネット専業の『スピード買取.jp』は、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、365日?24時間、オペレーターが待機していますから、自分の時間に合わせて相談できるんです。



(スマホや携帯でもかけられます)無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、評判が高いだけあって使いやすさは抜群です。
着なくなった着物の処分は難しく、困っている方も少なくないでしょう。
高価な着物を捨てるのは気が引けますし、買ってくれる人がいれば売りたいですね。実際、着物の買取を扱っている業者は数多いのですが、どこからでも買取を受け付ける友禅市場をおすすめします。査定はもちろん無料、送料も無料なので安心です。

現在の価値を調べてもらうだけでも費用はかかりません。着物の処分を考えている方、まずは試しでこの店のホームページをのぞいてみてください。最近は、着物を買い取り業者に宅配で送るのも普通になってきましたが、有利な買取のために、気を遣ってほしいのは、着物の価値の一部にもなっている、反物の切れ端や保証書をとっておいたかどうかです。
リサイクルショップに家電を売るときと同じく、生産地や製作者を保証するためにこのようなものがあり、それが高級品ほどあるのが当然となり買取価格が大きく左右されます。
きちんと保管してあれば、宅配の箱に入れるのを忘れないでください。

着なくなった、でも捨てるには惜しい着物が、高値で売れれば本当にラッキーだと思います。



新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる期待も持てます。

流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば思いがけない高値で売れることもあります。反物も一反あれば多くは着物と同じ扱いで買取可能です。
使われない反物があれば無料査定や相談を利用してみてください。


着物(和服)のバイセルに関する苦情が最近増えているため、依頼する側でも注意が必要かもしれません。ほんの一例ですが、出張査定(買取)を頼んだら、いきなり連絡もなく家に来て、長時間ねばって宝飾品も一緒に売らせようとした事例があって、たしか新聞にも載りました。
悪質なごく一部の業者とはいえ、怖いですね。

きちんとした古物取扱商であれば、このような行為は無縁でしょう。いざ着物の買取をしてもらおうと思っても、点数自体が多いとか、わざわざ遠くの店舗まで行かなければいけないときは、持っていくだけで大仕事になってしまいます。


それなら、バイセルの訪問買取を活用してみませんか。

電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと利用できないこともあるので、事前連絡の際に相談しましょう。
成人式の振袖と言えば、誰でもそれなりの思い出とか、思い入れがあるわけで、絶対手元に置いておくという人も多数派なのでしょうが、案外場所もとるので、邪魔になるくらいなら着物の買い取りに回すとこれからの自分のためかもしれません。
色柄がきれいで、上質の素材であれば思っていたよりも高値で買い取ってもらえるかもしれません。

今の自分に、役立つものを買えるはずです。



着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に提出することをすすめます。

ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから決められた基準を満たすことについてはっきり証明するための登録商標のことなのです。
証紙は捨てられたり探しても見当たらないという方もいるようですが、次に売るためにも、ないと困るものの一つなので査定のときには揃えておいてください。着なくなった着物でも、処分する際に買取額ってどうしても気になりますよね。


貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。

しかし中古品といっても和服の場合は、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、単純にはいきません。たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが小さいほうより大きいほうが高値がつくことがあります。着物の価値のわかる査定員のいる業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。

母が着物好きだったので、見たことのない着物が新旧取り混ぜて、うちの納戸には山ほど保管されていました。
色の薄いものにはシミが浮いたり、いまいちな品もありましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。なんでも昨今は、昔なら断っていたようなシミでも、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買い取るパターンのほうが多いそうです。もちろん、お値段は「相応」のものになります。中古着物(和服)買取って、宅配便を利用するのが最近では増えているみたいですから、私も母や叔母から譲り受けた着物を、思い切って処分することにしました。しつけ糸が残っている新品もあり、品物は悪くないので、信頼のおける専門店にお願いしたいと思っています。
中古品の売買には警察署への届出が必要なので、それを掲げている業者さんに依頼するつもりです。

静岡県の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

静岡県で着物の高価買取なら