バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

不要になった和服。

もしリフォームするのでなければ、中古着物の専門業者に買い取りしてもらいましょう。流行り廃りのない紬の着物などは、地域ごとに差異があるのが面白く、根強い人気があるので、きちんと査定して買い取ってくれます。専門業者なので価値あるものを見落とさない点が良いのです。


紬だけでなく、友禅やブランド着物なども広く取り扱っているそうです。自分の着物が買取対象なのかどうか、確認してみるのも良いかもしれません。


箪笥部屋の整理をするといつも、着ない和服を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、形見の品でもあるしと思うと、適当な処分先が見つからず放置してきました。
たまたまこの間、着物専門のバイセルをネットで見つけて内心おどろきました。
今はブームなんでしょうか。
買取実例を見ると結構高額で、和服・和装小物専門を掲げるだけあって、丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。

そのうちの一社に、折をみて電話をかけてみるつもりです。

着物買取の査定では、主な判断材料として着物そのものの品質もさることながら、状態の良し悪しはかなり重要です。ブランドものの、仕立ての良い着物だったとしても、査定のとき、汚れやカビが見つかれば大幅に安くされるのが仕方ないと思ってください。とはいっても、跡を残さず汚れを落とすことが可能なら、買取の可能性がかろうじて残っています。
言うまでもなく、判断を勝手に行ってはいけません。その道のプロに見てもらうことをすすめます。

子供が生まれたとき、お宮参りに着る訪問着を買うことにしました。手入れが大変なのでレンタルにしたかったのですが周囲に、こういうときに着る着物は必要だと圧力をかけられました。でも、とにかく手入れが大変です。周囲からのすすめもあり、きれいな柄の、素材も上等な着物にしたので保管も手がかかるのはよくわかっています。でも、一枚の着物のために桐箪笥を買うとしてもどこに置くのかという問題があります。


これから七五三で着れば十分でしょう。


その後、着物の買い取りに出そうとひそかに考えています。
最近、和服の買取専門業者の広告をよく見かけるようになりました。


箪笥にしまいっきりにしておくと、きちんと管理しているつもりでも、染料そのものの劣化もあって価値が下がってしまうのです。品質が良い着物は、新しいほど専門店ならではの高額査定がつくこともあるので、思い切って早めに買い取りしてもらうことが肝心です。日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。
買取で常に価値があるのは有名な産地で生産された品です。

大島紬の他、本場黄八丈などどんな着物か、着物に関心がある方なら目に浮かぶような有名ブランドの着物は中古でも人気があり、査定額も平均して高いようです。
着物の状態がいいことは前提条件で、証紙によって産地や生産者を保証しないといけないことはいろいろな品の買い取りと同じく、当たり前のことです。
成人式の振袖と言えば、誰でもどうしても思い出や思い入れを背負っているもので、売るなんて考えられないという人もどこにでもいますが、手入れも大変なので、保管に困るくらいだったら専門の業者に買い取ってもらえばより生産的かもしれません。
保管状態によりますが、生地や色柄が良ければそれなりの評価が期待できます。

今の自分に、役立つものを買えるはずです。



要らなくなって場所をとるばかりの和服の処分に困って、そのままという人も多いでしょう。最近は専門のバイセルさんというのが増えているのをご存知ですか。



思い出のある大切な着物でも、またどこかで誰かに喜んでもらえると考えると気持ちもすっきりしますね。ほとんどの業者さんは無料で査定しますし、数が多くても宅配便を利用したり、訪問査定も依頼できます。



正絹のものなど意外な高値になることもあります。

これから着物のバイセルさんにお願いしようと思ったら、喪服は注意しなければいけません。一度に大量に査定してもらうのならその一部として値がつくこともありますが、喪服は買い取らないのが普通です。
それもそのはず。


中古の和服市場では、特別な場に着用する喪服のニーズは限定されているからで、サイズのことも考えると、やむを得ないでしょう。それを理解した上で、買取を希望するなら、ごく一部ですが、喪服を扱う業者がないわけでもありませんから、最初からそちらを頼ったほうが手間がなくて良いでしょう。
まとまった量の着物を買い取ってもらい、総額で結構な値がつくこともありえます。確定申告が不安になることもありそうですね。
着物は衣類なので、生活必需品に分類され譲渡しても課税されませんが、美術工芸品とみなされる場合は課税されることもあり、簡単に割り切れない問題です。
少しでも気になるなら、確定申告の必要があるかどうかを知るために、時間を作って税務署の相談窓口に問い合わせましょう。

もう着ない着物も、買取で高値がつけば着てくれる人に引き継ぎでき、お金も手に入って嬉しくなりますね。


状態が良く新品に近いものは、高値がつくことが多いといえます。


そして流行の柄、上質の素材、仕立てが良いなど付加価値があると査定価格にびっくりすることもあるかもしれません。
反物の状態であっても着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。
反物のままでも遠慮なく無料査定や相談を利用してみてください。

買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら