バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、多くの方が思い浮かべるのは、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。


ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、一人で入るのは勇気が要るという方は、やはり少なくないようです。
そんな人もご安心下さい。デパートで買取を実施する場合があるのです。



催事場で、特定期間のみ出店している場合も多いです。

専門店は敷居が高くても、デパートなら誰でも行きやすく、一見さんでも利用しやすいので人気なのでしょう。世界的な不況で金の市場価値が上がっている昨今、一般の人々からも金買取の需要が高まっているので、それをビジネスチャンスと見てか、街には金・プラチナ買取系の店が乱立するようになりました。


複数の系列店を出すところも増えているようです。
買取を頼める店が多くなるのはいいことですし、同業他社に負けじと買取額を上げてくるなど、より良いサービスを提供しようという方向に次第に変わっていく可能性が高いです。



接客態度が悪い店は生き残れないということで、スタッフの質も上がるでしょう。買取を利用するお客さんにとっては、いいことづくめですね。今の金相場はグラム5000円くらいでしょうか。これはあくまで純金の価格ですから、アクセサリーによく使われる18金の場合、純度は75%なので、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。
それなりの額、例えば200万円を超えるような量というと600グラムほどです。
指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。
近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。



ネックレスなら10本から20本ほど、合計1キロも集めなければ200万円に達しないのです。もう使っていない金製品などの売却時には、注意するポイントがあります。すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、利用する店舗や業者により、諸々の手数料などを差し引かれた上での買取代金は大きく変わってくることです。そのため、買取額の基準や、手数料などのルールを確認しておいて、損しない売却先はどこか、色々な情報を総動員して判断しましょう。普段意識しないことですが、我々の周囲には金でできていたり、一部に金が使われている製品が結構たくさんあったりします。


金歯はその一例と言えるでしょう。

金買取のお店では、こうした製品もちゃんと買い取ってくれます。

装飾品の形状をしていなくてもいいわけですね。
数千円から一万円程度のお小遣いを得られる可能性もあるので、歯医者さんで治療を受け、金歯が不要になったときは買取店に持ち込んでみるのも一興です。

金を買ったはいいが、どうやって保管すればいいか?という問題があります。

そこまで多くの量がないなら、自宅での保存で十分となりますが、書斎に金庫を置いておくくらいの安心感は欲しいですよね。自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、安心安全を求め、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、金を売買する業者でも有料の保管サービスを受け付けています。



とはいえ、どこに置いておいてもリスクが完全に0ということはないでしょうから、心配なら金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも得策なのかもしれないですね。

金の買取を初めて利用する際、ぜひ注意してほしいのは、詐欺まがいの店の被害に遭わないよう、慎重に店を選ぶことだといえます。

広告に出ている買取額以上に、怪しげな店ではないか、本当に信用していいのかを入念に考えないといけません。

少しでも怪しげな点がある店は利用しないほうがいいでしょう。中には高価買取を謳う広告もありますが、見た目の買取額だけ釣り上げ、手数料やその他の名目でお金を取る場合もあるので、電話で問い合わせるなどしてよく調べてください。近年、金の買取ショップが増え、買取価格が全体的に高騰していると聞いたので、買取に出す場合も多いでしょう。金を売却した際には、その金額や状況によりますが、確定申告が必要なケースが出てきます。売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。本当はもう少し複雑なのですが、ざっくり言って、利益が50万円未満なら税金はかかりません。また、年収2000万以下のサラリーマンでその他の所得も20万円以内なら、確定申告も必要ありません。
金の価格高騰に伴い、友人が金を売却してそこそこのお金になったと聞いて、手持ちの金製品を買取店に持ち込んでみましたが、刻印が入っていないものは買取れないと言われてしまいました。刻印のあるものだけ買い取ってもらうとしても、査定金額も低くなる上、手数料を引かれるとほとんど残りません。刻印の無いものでも一括で買取してくれるお店はないかと思い、日本有数の宝飾店街である御徒町へ行ってみることにしました。そこでは、金の買取を専門とするプロのスタッフが査定を担当してくれました。


比重検査、試金石検査などで金の純度を調べてくれて、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。
最近は金買取を利用する方も増えてきましたが、初めて利用する際には実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、それはその時によって異なるとしか言えないのです。景気や需要に応じて、金の相場は刻一刻と動いているため、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。

そういうカラクリになっているので、少しでも高値で買取に出したいのであれば、常に情報収集を怠らず、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることを意識しましょう。


金の売却において留意すべき点は、買取価格の相場を把握することに尽きます。
なるべく高価の買取になるように、その日その日の相場を把握した上で、いつ買取に出すかを決めましょう。


買取市場では、買取申込の際の相場で買取額を決められるというケースが多くなっています。
入念に相場をチェックして、少しでも高値で金を売るのが賢い方法です。

買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら