バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

買取価格には自信があります、という宣伝を信じて買取を利用してみたら、全くそんなことはなく、むしろ相場より低い額で金を手放してしまったという話はネットを見ていても散見されます。金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、詐欺まがいの悪質な営業をしているところもあるので、よくよく調べてから利用するといいでしょう。


どうにも腹の虫がおさまらないという方は、消費者センターに相談すれば、調査、是正勧告などをしてもらえることと思います。
買取ショップが街に溢れる昨今。初めて金買取をしてもらう場合は、実際いくらになるのか、買取額の目安が気になりますが、でも、買取額は一概には言えません。



貴金属の価値というものは、国際的な相場によって変動するので、同一の金製品でも、売る日によって値段が全く違うということがあり得ます。



そういうカラクリになっているので、少しでも高値で売却することを望むなら、毎日の金相場をネットなどで確認して、価値が上がるタイミングを見計らうことが重要だといえます。

最近流行りの金買取ショップでは、意外なほど様々な種類のものが買取の対象になっています。一般に、金買取という言葉からは、インゴットや金貨、あるいは指輪などの高級品が一般的にイメージされるのかもしれませんが、案外、庶民の生活の中にも金製品は溢れているのです。
例を挙げれば、金縁の眼鏡がそうでしょう。

メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯などにも価値をちゃんと付けてくれる店が多いです。長年身に付けていない金製の指輪や腕時計などがあるのならば、買取に出すのも手です。
とはいえ、店舗ごとに買取額の基準や、手数料のシステムが異なるため、色々なお店のウェブサイトなどをチェックした上で、条件の良いお店を選択するといいでしょう。
高価な品物であればあるほど、そのぶん買取額の差も大きなものになります。ですので、なるべく多くの情報を集め、お店選びに活かしましょう。

自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。
心当たりのある方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。主な買取対象といえば金ですね。

最も高価な24金(純金)の場合、現在は1グラム4800円程で買えますので、その流通相場よりは若干安い買取額にはなりますが、だとしても十分、思った以上の値段で売却できる可能性が高いです。

ここ十年ほどで金の価格が上昇し続けていると聞き、タンスの奥に眠っていた金製品を、金買取ののぼりを出している店に持って行ったら、刻印がないものは純度が分からないから買取できないと言われました。

持ち込んだ品の内、刻印がある分だけなら買い取れると言われましたが、手数料がかかることを考えると大した金額にはなりません。
それよりは一括で買ってくれる店を探した方がいいと思って、初めて御徒町の専門店に足を踏み入れました。すると、買取店のスタッフや設備も流石にレベルが違い、専用の機械を使って、金性という金の純度の測定をしてくれ、全ての品物を無事に買い取ってもらうことができ、大満足でした。



貴金属の便利な換金手段である金買取。その利用において大切なのは、実際幾らくらいの金額で売却できるかを事前に知っておくことでしょう。金の純度や加工によって価格は異なるのですが、金そのものの価格の計算法は決まっています。ドル建ての国際価格を、金の重量単位として使われる1トロイオンス(日本では31グラムほど)で割り、さらにドルと円の為替レートを掛けます。


すると、日本国内の金価格が算出できます。


こうした基本的な計算法を活用し、買取店の提示している価格が妥当なものか自分で見極められるようにしておきたいですね。ここ十年くらい、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の宣伝を街中でもよく見かけるようになりました。

WEB上でも、気になって検索してみたら、買取ショップの広告がごまんと出てきます。いくらかでも現金になるのなら、売る店がどこでも大して変わらないだろうという考えはもっともですが、金などの買取価格は相場と連動して毎日変わっているので、少しでも高く売りたければ、相場を日々確認しておきましょう。買取店の鑑定士は常に偽物の可能性に目を光らせています。
一般の人が買取に持ち込んだ金製品が、実は偽物だったという場合もあります。

金メッキ製品の表面にレーザーで本物同様の刻印を入れるなどして、専門家の目までも誤魔化そうとしてくる場合もあります。

とはいえ、比重計を用いて品物の重さを測定すれば、比重の違いから、偽物であることはすぐに判明します。また、中には比重計で見破れないタングステン製の偽物なども存在しますが、昔から使われている試金石検査という方法ならば、一定の薬剤に融けるか否かで、本物の金かどうかを判別できるので、贋物はすぐに判別できます。

「試金石」という言葉の用法の基にもなっているやり方ですね。


金といえば純金を思い浮かべる人が多いでしょうが、実際には色々なものがあります。

純度は「○K」という形で表され、最大は24K(純金)です。
金の純度が100%未満であれば、「18K」などになります。


勿論これは純金より安いのです。

この18Kというのは簡単に言えば4分の3が金ということです。銀や銅、パラジウムなどを混ぜるのですが、その比率によって色が違い、銅と銀を同量ずつ混ぜたイエローゴールドをはじめ、レッド、ピンク、グリーン、ホワイトと様々に色合いが変わるのです。
手持ちの金を買取してもらうときに、大切なのは純度だということです。


金買取がメジャーになった現在では、多くの店舗や業者が、金やプラチナといった高級貴金属の買取を謳って営業しています。一例を挙げると、リサイクル・ショップなどです。一般的には、着なくなった服などを売りに行く所ですが、サービスを拡大し、金などの買取を扱うようになる店も一般的になってきたのです。
専門のスタッフがいるので、査定も問題ありません。自宅に眠っている貴金属を売りたい人は、質屋や金買取専門店と比較検討してみましょう。

買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら