バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

亡くなった故人の物を処分する事を遺品整理と言いますよね。この事は、残された遺族の役目とも言えます。整理をしないと、いつまでも時が止まったままになりますし不動産の事を考えると、そのままという訳にはいきません。
身内だけでもやろうと思えば出来ますが出来れば業者に買取を依頼した方が良いでしょう。

もしかすると、持ち物の中に高額な値段が付く物もあるかもしれません。支払は遺族にされるのでその値段で整理をする事ができたといったケースも多々あるようです。


一般的に「魂が成仏される」と言われる四十九日残されたご家族にとっても切り替え時ではないでしょうか。



後は遺品整理が待っています。

整理は何か悪い事をしている気もしないですがその中にでも良い思い出の品は沢山あると思いますのでご遺族にとっては心の慰めにもなりますよね。


気が重い・・という事もあるかと思いますが亡くなった方と残されたご家族の結びつきと考えると楽しい事や大変だったことなどの記憶がよみがえり、良い思い出話になるのではないでしょうか。時には、故人の若かりし頃のアルバムを見つけ、家族みんなが笑顔になる事もありますよね。
これだけは絶対に捨てられない!という大切にしている物はありますか?私の場合で言うと、愛犬の写真などでしょうか。しかしながら、私が居なくなった場合残された家族は遺品整理をしなくてはいけません。


大切にしていた物も処分対象になるのは残念ですが、仕方ない思いもあります。が、処分するだけでなく、他の方に使ってもらえるような事があればこちらもとても嬉しいですよね。


処分したいけどちょっと・・という品はバイセルがおすすめです。もしものことがあった時は、依頼するようにお願いしておくと安心です。インターネットを見ていると企業の広告などを良く目にしますよね。この間は、遺品整理会社の物が目につきました。
とくに気にする事はしませんでしたが、実際に親戚が亡くなったので一気に現実の物となり、頼った方が良いのか?考えさせられました。

悩んだ末、業者に依頼することなく片付けましたが非常に大変で、何日にも分けてやりました。専門業者に依頼をしていれば、もっと皆の負担を減らせたと思います。

遺品の片付けは誰もがやる事だと思うのできちんと計画を立てておくと良いと思います。
母方の祖母の家にこの前行きました。四十九日が過ぎたので、遺品整理の時期が来たからです。


最初は、やりたくなかった。



というのが本音です。
やっぱり、祖母が使っていたものを処分するのは勇気が必要だったからです。


ですけれども、片付けだして数時間たったころ私の母の小さい頃の写真などが出てきて私が見たことがない母の姿だったのでとても感動しました。
母親も驚きながらも写真を楽しそうに見ていました。
思い出話が次々と溢れ、時間がかかってしまいましたがこういう時間が持てる事もあるんだな。と感動しました。携帯電話は今や1台~2台持っているのが当たり前の時代ですよね。どこにいても人と繋がれるのは安心感があります。
そんな携帯ですが、遺品整理をしている時に出てきた場合どう対応すれば良いのか困りますよね。
その場合、まずは解約手続きをします。電話会社に問い合わせればOKです。解約が済んだら、本体は中古品として売る事ができます。


まずは買取店舗に持ち込み、査定をしてもらいましょう。もしも、買取は個人情報が心配なので気が引ける・・という事であれば処分する事も可能です。テレビを家族と見ていた時遺品整理の事をやっていました。


今は家族でやるのではなく処分専門のプロ集団に依頼する人達が一般的なようです。


そうした理由の中には「私が物を捨てるとおじいちゃんのから怒られそうだから」といった、怖い話に持ち込む方もいました。

私は祖父母共に亡くなっていて家の片づけは経験した事がありますが捨てたら祟られる、とは一度も考えませんでした。
逆に、進めていくうちに色々な思い出がよみがえり、すごく貴重な時間だったと思います。一人で静かに暮らしているご老人が多い昨今「孤独死」というワードもかなりシビアになってきています。

本当に独りぼっちだったのか?調べてみるとそうでもないようで親戚・兄弟・姉妹が1人はいらっしゃるようです。インターネットが普及し、世界中に連絡が取れるようになりましたが家族の絆は薄くなっているように感じました。亡くなった後は、生前の片づけをする遺品整理があります。親戚などに連絡が取れず大家さんが片付けをしたり、専門業者に頼んだりするそうです。色々と考えさせられる話題でした。



家族が亡くなると残されたご家族は、故人の遺品整理をしなくてはいけません。始める時期は、四十九日が終わったら。
というのが良いそうです。



しかしながら、これは故人のお宅が一軒家だったケースのみで賃貸の場合は、もう少し早く始める必要があります。

整理は遺族だけでもできなくはないですが早く済ませたいのでしたら、処分業者に依頼すると良いでしょう。ワンルームだと数万円~出来るので、それほど高額な値段にはなりません。それ以上に整理しなくてはいけない物がある場合はトランクルームをレンタルする方法もあります。



大事な人が生涯を終えた時残された身内の方々には遺品整理が待っています。
この事は、誰もが経験する事で、始める時期としては四十九日過ぎが好ましいようです。家族だけで時間をかけてやることも可能ですが一軒家の場合は、荷物も多いので非常に大変です。そんな時は、処分業者やバイセルに依頼すると良いでしょう。遺族から見れば、あまり価値のない様なものでもプロが目利きすると意外なお宝だったりして思いがけない臨時収入が出たという事も多々あります。業者への支払に充てる事もできるので良いですよね。


天に召された方の所有物を処分する事は残された親族がやるべき大事な事だと思います。整理したくない気持ちもあるかと思いますが、いつまでも残しておくわけにもいかず家を処分する事になった場合は、猶更やらなくてはいけない事だと思います。遺品整理は家族のみでもできますが出来れば、専門のスタッフに任せた方が安心です。

料金はいくらくらいになるのかしら?と心配な事も多いと思いますが、調べてみた所家の大きさによっても変動しますが、数万円~になります。
決して安くはないので、信頼できる業者を選びたいですね。

買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら