バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 福島県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、福島県内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

福島県の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

祖母が遺した着物があったので売ることになり、買取専門の業者に相談しました。

おそらくほとんど着ることはない着物で、ただタンスの奥で眠らせておいても着物の価値が目減りしていくだけだし着てくれる人がいるからこそ、着物の価値があると思ったためです。



何軒かの業者で相談しましたが、有名作家の作品というようなものはなかったので、どのお店でも全部まとめていくらと言われました。

でも、全て買取可能ということで、値段にも納得できたので売ることを決めました。
インターネットが普及した昨今では、以前は知るのに苦労した情報などもうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。ただ、どんなことにも言えますが、品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、バイセルの評判についてよく調べ、信頼できそうな業者に絞ってから、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。

大切な着物ですから安い取引をしないためには、時間と手間をかけたほうが、あとで悔やまずに済みます。


着物を着ると、日本人であることを実感しますがいいものであるほど、お手入れに手間がかかります。

虫干しに始まって和紙を入れ替え、元の通りに畳んで、桐箪笥に戻してまた保管などと十分手間をかけないと状態を保てません。ご自宅の着物の中に、もう着ないものや裄丈が合わないものがあるのなら、思い切って買い取りしてもらいませんか。
着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、お手入れの負担も少し軽くなります。



着物の価値は、素材や色柄、仕立てなどいろいろな要素で決まりますが、その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。大島紬の他、本場黄八丈など昔から着物好きな方に愛されてきた有名産地の品なら買い手も多いので高値がつく可能性は高いでしょう。
保管状態が良くないと価値が出ませんし、証紙は産地、生産者証明のために必要だということは着物買取の常識です。自宅の建て替えに向けて昔からしまいこんでいたものを整理していますが、仕立てる前の反物が見つかりました。丁寧にしまわれていたため目立った傷みもなく買ったときの状態を保っています。

ネットで着物バイセルのサイトを調べてみると、こうした業者は、反物も扱っているようです。仕立てないまましまっておくよりも、買い取ってもらい、他の方に売った方が賢明でしょう。



昔の着物をどうしよう、と頭を抱えている方はかなりいるのではないでしょうか。着ていた人のことを考えれば捨てたくないですし、買い取りのルートがわかれば、ぜひ売りたいですよね。


さて、着物の買取専門店で実績のあるところはいくつかありますが、友禅市場をご存知でしょうか。

全国から買取をしています。



査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。



見積りだけの利用もできます。着物を売りたいと考えている方は買取先の候補にしてはいかがでしょうか。
和服の買取というと、宅配便を利用するのが最近では多いらしいので、形見にもらって着ない(小さい)着物を引き取ってもらおうと思っています。

サイズが合わないから着ないだけで、元は高級な品ですから、まともな業者さんに預けたいと思っています。古着売買には古物商の届出が要るため、それを掲げている業者さんに電話で問い合わせし、良さそうなところに依頼するつもりです。

着物バイセルに持ち込むとき、着物そのものや、帯の他それに合った小物類、帯締めや帯揚げなども買い取りを行うことが多いです。セットと言っても、襦袢は例外のようです。襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。

襦袢を買い取ってもらえる例として、未使用で正絹仕立てのもの、レトロな珍しい柄のものがあれば交渉次第で売れるかもしれません。この際ですから、査定を受けるだけ受けてみましょう。これまで大事にとっておいた、大切な着物を正しく評価してもらいたいと思うなら一軒の業者だけで済ませず、何軒かで査定してもらい買取価格を比較すると、どこがいいかわかります。

査定後、キャンセル可能な業者を見つけて話を持って行くのが賢明です。査定額の比較を終えて、一番高値をつけ、なおかつ信頼できる業者に依頼できるよう、買取にあたって条件があるとすればそこを十分確認してから決めましょう。

振袖を仕立て、着るのは人生でも大事な場面ばかりです。ということは、一定の年代になれば着ることはできません。


保管も手間がかかることが多いので、着物バイセルに引き取ってもらうのもタンスの肥やしになるよりは良いといえるでしょう。

参考までに、価格は品質と現状をみられて数千円になる場合もあり、仕立ての良い高級品なら数万円で買い取られることもあります。振袖にまつわる思い出はたくさんあると思います。
持ち込みや宅配で無料相談や査定を行っているところも多いのでできれば複数の業者の目を通し、ここならというところで売るようにしましょう。要らなくなった和服を整理する際、絹物は紬などの堅物も含めて案外高値がつくことがあるので、証紙などがあったら一緒に出しましょう。ただし化学繊維やその混紡着物、ウールなどは、新品でも安価で売られているため、専門店では安値になってしまうか、当初から引取対象外にしている店もあります。

古着屋さんやリサイクル店なら、引き取ってくれる可能性が高いと思います。

福島県の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

福島県で着物の高価買取なら