バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 徳島県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、徳島県内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

徳島県の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

着る人のいない和服を処分するとき、値段が心配になりますよね。


ざっくりでいいから相場を知りたいと思う人も多いはず。

ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。姉妹で同じ着物を売ったとしても、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。
価値をきちんと鑑定するのが専門店ですから、そういうところに査定してもらえば、納得の価格が出やすいと思います。

着ない和服を買取に出そうと考えている人でも、気軽に持ち運びできる分量でなかったり、店舗が遠かったり、あっても駐車場がないと、持ち込むのが大変だし、時間もかかるでしょう。

困ったときは、自宅への出張買取を頼むと良いでしょう。



電話かネットで依頼すると自宅に査定士さんが来てくれます。



その代わり、まとまった量であることが必須で、少ないと宅配便を利用した買取を勧められることもありますから、事前に電話で相談しましょう。箪笥の肥やしになっている古い着物。処分できやしないかと考えるのですが、形見分けで思い入れもあるため、ついに処分できずじまいでした。たまたまこの間、着物専門のバイセルをネットで見つけて内心おどろきました。

今はブームなんでしょうか。

買取実例を見ると結構高額で、和服専業のバイセルさんだと大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。処分するならこういうところにお願いしたいですね。


中古着物がブームのせいか、和服専門のバイセルの広告がよく目につきます。もったいないからと手放さないでいると、クリーニングして袖を通さないでいても、染料そのものの劣化もあって思い入れとは裏腹に、価値が落ちてしまいます。新しくて状態が良い着物は意外な高値になる場合もあるので、思い立ったら早めに依頼して買い取ってもらうと良いでしょう。

質屋は高級品を扱うことが多いですが、着物については、取扱いのない店もありますから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いてみたほうが確実で良いと思います。



もし高く買い取ってほしければ、中古着物専門業者に依頼したほうが、細かな査定をしてもらえるので高い査定額になりやすく、高値だった着物ほど専門店でみてもらうことをお勧めします。



といっても知っている店がないという場合は、ネット検索で容易に見つけられますし、訪問や宅配便での査定もできるようです。これから着物を買い取りに出す方が一番気にすることは、バイセルを決めるときにどのように決めたらいいか、迷うでしょう。



今はネット検索で業者がいくらでも見つかり、ランキングサイトまである世の中なので却って迷うのではないでしょうか。

たいていの古着屋で、着物の買取も行うでしょうが浴衣や安い着物ではないというなら、着物専門のバイセルに持って行くのが賢明です。
専門店なら、着物や反物に関する知識が豊富な鑑定人の目を通せるので着物の価値を正当に認めてもらえるでしょう。
着物バイセルに持ち込むとき、着物そのものや、帯の他着物に付随した小物、たとえば帯締めや帯揚げなど一緒に買い取ってもらうといいでしょう。

とはいえ、襦袢までは買い取りできないようです。

襦袢は下着の位置づけなので着用されたものは誰も買わないためです。付加価値があって、買い取ってもらえるとすれば素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは他のものと一緒に買い取ってもらえる可能性があります。
まずは査定にかけることをすすめます。


形見分けなど、着物の処分も量がまとまると、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。
着物を売ったら課税されるのか、確定申告は必要なのか気になるでしょう。
着物は衣類なので、生活必需品に分類され買い取りも課税対象ではないのですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るのでケースによって違うと考えましょう。
いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、確定申告の必要があるかどうかを知るために、最寄りの税務署で、相談窓口を訪ねてはいかがでしょうか。着物の保管や手入れは、実に面倒なので着ない着物をとっておくよりも早めに業者に依頼し、買い取ってもらった方が収納スペースの確保にもなると思います。余計な負担がなく、高値で買い取ってくれる業者はどこか身近に経験者がいないときにはこの分野のランキングサイトもあるのでランクや口コミなどで絞り込んでいくといいでしょう。
良い状態で保管されているか、織りや染めの作者など査定されますがまず、状態がいいかどうかが高価買い取りの前提条件です。
もう着ない着物があって、高値で買い取ってもらえたら本当にラッキーだと思います。

新品に近い見た目であれば、高く買い取ってもらえる可能性がぐっと高まります。

流行の柄、あるいは人気の柄、素材も有名な産地だったり、高級なものだったりすれば思いがけない高値で売れることもあります。
さらに、仕立てる前の反物だけでも着物と同じ扱いで査定され、買い取りしてくれます。
反物のままでも遠慮なくぜひ業者の査定を受けてください。


着ることがなくなった着物は思い切って、買取の専門業者にお願いしてはどうでしょう。


流行り廃りのない紬の着物などは、結城や牛首のような品でなくても、産地・種類を問わず買取してくれます。ただの古着屋さんよりは確実に高値がつきますよ。


紬のほかには、作家物や一般の友禅染の着物なども広く取り扱っているそうです。

何が売れるか、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

徳島県の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

徳島県で着物の高価買取なら