バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 北海道

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、北海道内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

北海道の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

1921年といえば第一次世界大戦が終わった頃です。
イタリア生まれのグッチオ・グッチが創業したのがこの年で元々はフィレンツェの皮革工房でした。

世界的に有名なイタリアンブランドとなり、最早知らない人はいないでしょう。

ラインナップを見ていきますと、各種バッグや靴、お財布などお約束の皮革製品をはじめとし、服、香水、アクセサリー類、時計などに至るまで多岐にわたって充実した品揃えを誇り、ブランドの特徴の一つとなっています。



ブランドの歴史は複雑で混沌としており、そんな中で、大勢のデザイナーが任をこなし、関わり、そこから生まれた派生ブランドも多く存在します。



そんなグッチの商品は、ブランド品買取店ならどこであれいつだって、高水準の査定価格で対応してくれることが多いはずです。1837年、ニューヨークで創業されたティファニーは、宝飾、銀製品のブランドとしてよく知られますがダイヤモンドをあしらった製品の人気が高いです。

ダイヤモンドの耐久性、恒久性から、結婚指輪、婚約指輪に使用されることが多い宝石ですが、ティファニーのそれを希望する人も多くいて、客層はどちらかといえば女性中心かもしれません。ティファニーファンは明らかに、女性の方が多い傾向があります。


ティファニーのダイヤやシルバーアクセサリーを、買取店で売却することを考えるのであれば、必ずその前に、商品の現在における大体の相場を、ネットを利用するなどして知っておき、いくつかの店で価格がいくらになるか尋ねた方が良いでしょう。



というのも、店ごとに価格差が大きい可能性もあるからです。ヴィトンといえば、そもそもが鞄屋さんだったこともあり、バッグ、財布といった製品で絶大な人気を誇るファッションブランドであり、ブランド名は創始者である職人ルイ・ヴィトンからきています。ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたモノグラムでしょう。

モノグラムとは文字を組み合わせたマークのことですが、LとVの、ブランドの顏ともなっている模様はまさにヴィトンといった、ゴージャス感があります。



ヴィトンというブランドは世代に関係なく、大変息の長い人気を誇り、新作が発表される頻度は割と高く、限定品なども出て、その度に話題をさらいますので、手持ちのヴィトンを買取店に売りに出してお金にし、話題の新作を買うことにしている人もいるようです。
誰もが知るバーキン、エルメスのバッグとしてでなく、ただバーキンとして非常に知名度と存在感のあるバッグであり、その商品誕生のきっかけなどについても知る人は多く、商品名のバーキンは、女優でありつつ歌手である、ジェーン・バーキンに由来します。籐で編まれた籠に物をたくさん詰め込んで使っている所をエルメスの社長が偶然目にして、彼女の様な人が使いやすく、耐久性の良いバッグを贈らせてほしいと頼んだそうで、これが人気バッグ、バーキンの生まれたきっかけになりました。稀に見るほど需要の高い商品ですから、状態の良い美品ならほどほどの高価買取が望めることでしょう。実業家であるギャビー・アギョンによって生まれたクロエはフランス生まれの人気ファッションブランドです。洗練された、高級感のあるデザインで、しかもカジュアル感も漂っており、比較的若い女性の支持を集めているようです。このクロエというブランドが、一流ブランドへと飛躍を遂げたのは、後々、いくつもの有名ブランドのデザイナーを兼任する名デザイナー、カール・ラガーフェルドが社内にヘッドデザイナーとして迎え入れたことが、そのきっかけとなったとされています。


買取店において、クロエの高価買取を望むのであれば、いくつかの店で査定を受け、クロエの価値を良く知る店を選ぶのが高価買取への道です。



使わないブランド物などは処分してしまった方がさっぱりします。近頃テレビのコマーシャルでもだいぶ周知されてきた、ブランド品のバイセルこそ中古のブランド品を現金化したいなら便利この上なく、お奨めしたいところです。ブランド品を買い取ってくれる業者の利用については、最近ではわざわざ店頭まで出かけなくても、いくつもの物品の査定を頼めるのです。そして万が一、業者のつけた値段が満足のいくものでなかったなら、諸々の手数料など、余計な料金がかかることなく持ち主に返品されるようになっており試しに一度利用してみるのはいかがでしょうか。売買がうまくいけば、得になるばかりです。


好きなブランド物を買った時のワクワク感、所有できる喜びを味わわせてくれますね。
しかし使い続けられず、大事に保管しているだけになることもあります。


もう使う予定のない高価だったブランドのバッグや財布や靴、時計などといった物をちゃんと価値をわかっているお店で売りたいと希望する人は多いようです。
しかし、少し気を付けたいポイントがあります。
お店の利用は一店舗だけでなく、できれば複数の買取店で査定を受けましょう。



こうして複数のお店のうち、より高く買い取ってくれる買取店が判明し、後はそのお店を利用して、お得に買い取ってもらうだけです。

ブランド品のバイセルというのは、ここ最近ずいぶん増えましたので、どこにするか迷ってしまいます。そんな時は、業者の査定額を比較できるサイトがありますので、使ってみると良いでしょう。

売却予定の品物について、どこのブランドか、商品名は何かなどを入力しして一括査定を申し込むことで、サイトにより数は異なりますが、複数の業者から査定額を知らせてきます。
こうすることで各社の出す査定額を比較検討できるわけですから、なるべく高い値段がついてほしい、という人にはとても便利なシステムですね。

こういった一括査定の申し込みに料金はかかりませんし、何か問題があれば、売るのをやめておくだけですから、あまり構えずに、気楽に使ってみると良いでしょう。


買ったブランド品をどうするかは自由です。長く使い続ける人もいますが、使わなくなったら売却するため主にブランド品を扱うバイセルを利用しようと考えているのなら、品質保証書であるギャランティーカードといった、商品そのもの以外の付属物、外箱や保護袋などは丸ごと捨てずに取っておくことが重要です。


なにしろ、バイセルを利用する際、こういった付属品が有るのと無いのでは、査定の結果が全く違ってくるということが、よく知られているからです。
一口に付属品と言いましても優先順位は当然あり、絶対に無ければならないのがギャランティーカードです。

これが付いていない品物はどこのブランドかにもよりますが、査定すらしてくれない可能性もありますから、その扱いには注意を払っておいた方がいいですね。売りたいブランド品が、実際にどのくらいの値段で売れるのかをどうにかして知っておきたいのであれば、スマホなど携帯機器のカメラで売却したいブランド品を撮り、その画像を送付して査定を受けるということもできます。店頭に足を運んだり、また箱詰めにして送付するなどの手間をかけることなく、簡単に業者の査定を受けることができて楽です。


ところで、写メ査定での金額は暫定的なものです。



どこの業者でも、必ず価格の最終決定前に実物査定があり、それを経てから正式な買取金額が算出されます。


色々考えられますが、バッグ類の内側だったり、小物類の細かい部分など、査定のために送った写真上では確認し辛い場所に瑕疵、欠損が見つかった時は残念ですが、その分買取の値段は下がります。
写メ査定はそういったものだと割り切るべきかもしれません。


サルヴァトーレ・フェラガモは、フェラガモと短く呼ばれて親しまれておりますがデザイナーの名前がそのままブランド名となっています。イタリア、フィレンツェでの開業は1927年ですが、それ以前から大勢の顧客のいる程の熟達した靴職人でした。



ずば抜けた品質の良さで名声を得ており、多くの人に信頼されているブランドです。
フェラガモといえば靴、というのはその通りなのですが、それに加えてバッグ、財布などの商品も出してきて、各国コレクションにもブランドとして名を連ねておりファッション界における存在感を高めています。履かなくなってしまったフェラガモの靴を持っていて家でただ眠らせているのなら、買取を検討してみると良いでしょう。
何足もあって面倒、という場合は出張買取が便利です。


北海道の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

北海道で着物の高価買取なら