バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 東京都

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、東京都内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

東京都の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

中古ブランド品を買取店で売却しようとするなら、用意しておく必要があるものと言えば運転免許証など、本人確認ができる書類です。なぜそんな書類が要るのか、その訳としては、ブランド買取店が古物商だから、ということになります。古物商は古物営業法によって、古物を買い取る相手の本人確認をしないといけません。

ですから身分証明書(本人確認書類)を見せるように言われるのです。



多くの人が運転免許証や、健康保険証を使用しますが、パスポートや、それらがなければ住民票でも大丈夫ですが、まず間違いなく提示することになりますので携行していないと困ったことになります。
気を付けてください。
イタリアのファッションブランド、ボッテガ・ヴェネタはミケーレ・タッディとレンツォ・ゼンジアーロの二人が1966年に立ち上げました。


皮革製品を主に扱っており、デザインとしてはまず、イントレチャート(編み込み)が挙げられます。そして、バッグ、財布などは、シンプルな形状をし、ブランドロゴは目立たせない方針であり、確かな品質を誇り、機能的にもよく考えられた製品で飽きがくるものではありません。


色のバリエーションが多いことでも知られており、セットで購入してみたり、カップルがお揃いで持ったりすることも可能です。



持っているだけで使っていない、使う予定もない、というボッテガがあれば、買取店を利用すると、人気上昇中のブランドですから、なかなかの高額買取になるでしょう。買取店に、使用しなくなったブランド品を買い取り依頼する場合、その商品購入時に付属していたギャランティカードがあるかないかは大きな違いです。
本物であるとの保証ですから、あった方が良いには違いなく、店により、あるいは商品がどういうものかによるのですが、保証書の類がない物はその商品の買い取りを断られることもあります。とはいっても、そういうものがない商品でも、お店の方で本物と判断された場合は、価格は落ちるものの、買い取りしてくれることもあるということです。

買い取りの時にギャランティカードなどの保証書が必要とされる品物について多くの買取店がHPなどに載せていますから、一読しておくと良いでしょう。



買取店に売ることを考えているブランド品があれば、ギャランティカードなどの付属品は紛失しないようにします。


買取店が買取可能とする数々のブランド品のうち意外と良い価格になりやすいものとして、ヴィトンやシャネルとったハイクラスのブランドが出したノベルティグッズが挙げられます。

ロゴ入りの小さな鏡やポーチ、タオルなど実用品もあれば、日傘や、よく知られていて人気のあるスノードームなど、どれもこれも、ブランドの商品を買うことにより店からプレゼントされるものです。そういうブランドが粋を凝らした数々のノベルティグッズですが、コレクターが大変多く、人気も高いということで、割と良い値段がつくことも多いのです。そんなノベルティグッズをもらったまま放置していませんか?もしあれば、買取店での査定を受けてみませんか。びっくりの査定結果が出ることも考えられます。
新しいブランド品が手に入れば、古い物は出番がなくなってしまうのが常です。もう使うことがないなら置いておくだけでは勿体ないですから、売却してしまうことも考えてみませんか。
ネットの広告であったり、またテレビCMでも知られるようになってきて世間での認知度も上昇中の、こういったバイセルの利用が要らなくなったブランド品の売却先としてとても便利なので覚えておくと良いでしょう。なにしろ、ブランド品を持って直接店舗に足を運ぶという手間をかける必要なく、手持ちのブランド品を査定に出すことができるのです。業者から示された査定額で売却したくない場合は、諸々の手数料など、余計な料金がかかることなくそのままブランド品が戻ってくるところが殆どであり上手に利用するなら、相当お得な話だと言えるでしょう。

商品の保証がしっかりしていないネットオークションやフリマなどで買ったブランドものの商品をお店で買い取ってもらおうとしたら、それが巧妙なコピー製品だった、ということはそんなに珍しいことではなく、査定員によってすぐ偽物だと判定されて買い取れない、ということを伝えられることになりますが、間違ってそのまま取引がされてしまうことがあるのです。お店側のミスでもありますが、偽の商品を持ち込みに悪意があったとみなされてしまうと、問題にもなるでしょうから、ブランド品を購入するときは、さらにそれを後々買い取ってもらうつもりでいるならぜひ、正規のお店を利用するようにし、安いからと言って、本物かどうかわからない商品などを買わないことなどを気を付けた方が良いです。当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。

ちなみに、ブランド名のルイ・ヴィトンは、スーツケース職人だった創始者の名前からつけられています。

ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたモノグラムでしょう。
モノグラムとは文字を組み合わせたマークのことですが、LとVの、ブランドの顏ともなっている模様は見間違えることなくヴィトンだとわかります。ヴィトンを好む人たちの年齢には偏りがなく、長く人気を支えていますが、しばしば発表される新作、購買欲をくすぐる限定品を好む層もいて、それらが出ると、ヴィトンファンの中には、手持ちの飽きがきた製品を買取店で売って換金し、新しく出た製品を買う資金にする、というやり方をする人も珍しくはないそうです。

持っているだけで使う機会のなくなったブランド品はありませんか。

価値は下がって行く一方ですし、場所もとりますから、いっそ売ってしまいましょう。
さてバイセルに売却したいと考えるのなら、なるべく高い値段をつけてくれないと困ります。


でも、値段については業者間でも結構、差があるものなのです。


売る立場からすると、どこよりも高い買取価格をつけてくれそうな業者を探さなければいけない、ということになるのです。
でも、そう難しくはないので、安心してください。
PCやスマホでアクセスできる、一括査定サイトというものを使用してみましょう。



文字通り、一括で何社もの査定を依頼でき、業者から知らせてくる査定額を比較するだけです。ちなみに、この一括査定の申し込みは無料で行えます。ミュウミュウというのは、ミウッチャ・プラダが、プラダの姉妹ブランドとして、創業した新しいファッションブランドです。


設立してまだ、それ程経過していないのですが、個性の強さを前面に、革新性を目指そうとするデザイナー、ミウッチャ・プラダの理念が表わされているデザインで、若い世代の間では人気が高いのです。
時折、ミュウミュウの製品について、強化買取をしているようなブランド買取店もあるそうですから、人気と需要のあるブランドだと言えるでしょう。
以前、誕生日プレゼントにロレックスの時計をもらったのです。しばらくは使っていましたがほどなく、完全に使用しなくなりました。きれいなまま箱に入れておいていたのですが、高い物だというのは分かっていますし、さすがに勿体ないので、そういったブランド品には詳しいであろう、ブランド品買取店に査定を頼むつもりで、持ち込んでみました。
店の鑑定士が、傷の有る無しなどといった時計の状態を細かくチェックし、また今はどれくらい人気があるのかといった複数の要因が組み合わさって査定額は、算出されるということでした。箱や保証書といった、初めからの付属品もすべて一緒にし、また、事前にネットで軽く調べておいた、他の人の口コミから得た買取価格を希望価格として伝えた上で、買取店に査定を依頼してみたのです。


ブランド品を買うと必ずついてくる、箱や保管袋といった付属物は、基本的に全て残しておいた方が良いようです。後々その商品を買取店で買い取ってもらおうとした場合にその商品の元々の、外箱や袋があるかどうかは、買取店の商売の仕方によったり、あるいはブランドがどこか、どういった商品であるのかにより、査定の時に大きな影響を与えますから、金額は大きな差になります。

そういう訳ですから、可能であれば捨てないで外見を損なわないよう、保存しておくべきです。
邪魔になるし捨ててしまいたい、という場合は、必要としている人のためにも、ネットオークションで売るというのはいかがでしょうか。ブランド品の外箱や保存袋ならそれなりに買い手がつくことが考えられます。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

東京都の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

東京都で着物の高価買取なら