バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 岩手県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、岩手県内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

岩手県の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

日本の伝統的な民族衣装である着物は、振袖など着物としての役割、素材、色や柄などによって様々に格付けされます。

その中で、買い取りのとき高値がつく可能性が大きいのは高級品に格付けされる産地の品です。



大島紬や本場黄八丈に代表される、着物好きなら持っていて当然と言える有名ブランドなら欲しい方が多いので査定でも高値を期待できます。
着物の状態が査定額を左右することはもちろん、証紙のあるなしが査定に大きく響くことはどの着物でも変わりません。
いなかで家が広いせいか、着なくなった和服や小物類が私の実家には多く保管されています。

出してみると保管状態が悪いものもありましたが、査定士さんはきちんと見た上で買い取ってくれました。いまどきの買取は、ある程度のシミであれば、会社お抱えの染み抜き専門家が対応するそうで、買取になる事例が多いそうです。


そうはいっても、買取価格はそれなりになってしまいます。
長い間着ることなく、タンスにしまったままの着物に困っていませんか?着物を着る機会があれば持っている必要もありますが、タンスにしまっているだけでは、手入れが負担になるばかりです。振袖は特に、袖の長さの分だけ虫干しをするにも他のものより気を遣います。
今後着ることがなく、受け継ぐ人もいない着物があればいっそのこと、買い取ってもらってもいいかもしれません。


ものが同じなら、新品に近く、良い状態で保管されたものは高く売れます。信頼できる着物バイセルを探しているなら、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、ユーザー満足度が高い点が評価できると思います。
査定や売買に関する相談は無料ですし、24時間・年中無休で受け付けているので、自分の時間に合わせて電話できます。



(携帯・スマホ可)無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、気軽に相談できますね。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので買い取ってもらえるなら、捨てるよりいいかなと思う方も案外身近にいるものです。



着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと気になるところですが、一番高値で売れやすいのは訪問着です。
訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。訪問着で、手放してもいいものがある方は、ぜひ無料査定や相談を利用してみましょう。いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に査定額は何で決まるのか調べてみると、共通点がありました。



当然ですが、もともと高級な着物であることは最低限要求されます。その他に、シミがなかったり、傷がなかったりという使用状況も査定のチェックポイントだそうです。元々の品質は良かったものでも見てわかるくらいの傷があればそもそもの価値を相当下回ってしまうそうです。



初めての子供が生まれ、お宮参りに着物を新調しました。小物類はともかく、着物本体はレンタルにしたかったのですが義母をはじめ、一緒に行く人たちはみんな自前の着物だったのです。一枚の着物のために、時間を割いて手入れするのは大変です。どうせ買うならと、材質も良く、柄も美しい着物を購入したので保管もそれなりに大変なのは承知しています。


桐箪笥で保管するのがいいとはわかっていても、わが家にそんなものを置くスペースはありません。七五三で着た後はごめんなさいをして、黙って手放してしまおうと思うこの頃です。着なくなった着物を買い取ってほしいけれど売れないと恥ずかしい。結構そういう方がいるようです。



ちょっと考えただけでも、着物の種類は振袖、留袖、訪問着などたくさんあります。また素材や技法によって価値が決まるのでとても素人判断ができるものではありません。


ただ、有名な作家の作品だったり、ブランド品だったりすれば査定で高値がつく可能性も十分あります。



あまり古くなっていないブランド着物なら昔の着物に比べると裄丈が長く、大柄な人でも着られるので仕入れておけばすぐに売れるからです。

着物が未使用でさえあれば、無条件で付加価値がつくとは限りません。
どんな生地、色柄も、保管している間に経年劣化して、状態の悪化はどうにも避けられません。着用の有無が全てを決めるわけではなく、査定したときの状態が悪ければ価値はありません。



運良く未使用で、これからも着ない、そして状態も悪くない、と思う着物は買い取りに回しましょう。



少しでも早く査定を受けることをおすすめします。伝統的な衣装である着物には洋服にはない良さがありますが保管だけでも、思いの外大変ですよね。

一斉に虫干しをして和紙を挟んで元通りに畳み、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず十分手間をかけないと状態を保てません。

そこで、着る機会がない着物も、短すぎたり裄が合わなくなったりした着物も着物買取専門店に引き取ってもらっていいかもしれません。着ない着物を生かすことにもなりますし大変なお手入れも少しは減ることでしょう。



着物買取の査定を受けるときに証紙を一緒に見せられるようにしてください。


証紙の説明をすると、織り元や織物工業組合などが産地の基準に適合していることを証明するために発行している登録商標だと考えてください。買ったときに証紙を捨てる方だの言われてはじめて、どこにあったかと思う方もいるようですが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、探して査定のときに持って行ってください。

岩手県の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

岩手県で着物の高価買取なら