バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 京都府

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、京都府内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

京都府の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

中学生や高校生など、18歳未満は基本的に、責任を取れないので、法律の規定により金製品に限らず、お店で品物の買取をしてもらうことはできません。青少年が犯罪被害に巻き込まれることを防ぐためにも、店舗としても年齢制限を設けていることがほとんどであり、成年に達するまでは売却できないのが通例です。



また、そもそも未成年は取引行為ができないのが基本であり、保護者(主に親)が署名した同意書の持参が必要ですし、それをしていない店があれば逆に怪しいので気を付けてください。2008年のリーマンショック以降、現在までの数年間で、徐々にですが、市場における金の買取価格が上がりつつあります。

最近ではさらに、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、銀行預金が自由に引き出せなくなってしまいました。

リーマンショックに続き、この経済破綻も買取市場における金の価格が上昇する要因となったと推測されます。若い頃やバブルの頃に調子に乗って買い集め、今では全然身に付けていないという金製品を何もせず放っておくのはあまりに惜しい気がします。

貴金属を持て余している方は、買取をやっているお店に持ち込んでみましょう。中でも金製品は大抵の店で喜んで買取ってくれます。純金(K24)なら、現在の相場は1グラムあたりおよそ4800円であり、買取相場は一般的にその価格より若干安くなるとはいえ、だとしても十分、思った以上の値段で売却できる可能性が高いです。

もう何年も使っていないプラチナや金製の指輪などの装飾品をお持ちの方も少なくないと思います。
ただ捨てるだけではしのびないという方は、買取店に持ち込んで買取してもらうことを検討してもいいと思います。そうした買取を専門としているお店も街頭、ネット問わず多いですから、実際にその品物が何円くらいになるのか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。
最近問題になっている事件についてお伝えします。


自宅に業者がやってきて、不要な金製品を買い取るなどと言って、安い値段で買取を進める、いわゆる「訪問購入」による被害が増加しており、警察や消費者センターの対応も追いついていないようです。
買取が持ち主にとってもメリットであるかのようなことを言いながら、売却を渋る場合には、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。
後から売却をキャンセルされまいと、もちろん、ちゃんとした契約書なども出してくれません。取り合わず追い帰すか、警察を呼んだ方がいいでしょう。
貴金属買取を扱うお店では、装飾品以外にも、様々な商品を売却することができます。「金の買取」などと言うと、投資目的の地金を連想する人が多いでしょうが、意外にも日用品にも金が使われているものがあるのです。
金歯や金縁の眼鏡などは、お持ちの方も多いでしょう。


金で出来てさえいれば、眼鏡のフレームや金歯も買取ショップでは売却することができます。

もう使っていない金製品などを買取店に持ち込む前に、考えておかねばならない点があるのです。すなわち、ある金製品を買取に持ち込むとしても、持ち込む店舗により、買取額や手数料などの諸条件が全く異なるという点です。

WEBサイトに載っている情報などをくまなく調べ、何処に売るのが一番得になるか真剣に考えるのがいいですね。



貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、せめてダイヤル式の金庫は備え付けておきたいものです。
お金持ちが一定量の金塊を保有するケースなどでは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、警備の厳重な、銀行の貸金庫を使って保管していたり、最近では金を買った会社に有料で保管を依頼することもできます。



それでも、どうしても不安なら、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも解決法としてアリでしょうね。お金持ちは色々なものに資金を投資して儲けようとしています。昔からその代表といえば金です。
何と言っても金は値崩れしにくいのです。


高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。
金イコール高級品という認識が世界中に浸透していることも、金の値段が崩れない根拠になっているのです。とはいえ、相場の変動も当然あるので、売却を検討しているなら、今、金相場が下がっていないか、一度チェックすることをオススメします。

最近、国際価格の高騰に伴って金の買取相場が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。



金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。売却額から購入時の費用などを差し引いた利益は、事業でなければ「譲渡所得」として計上されますが、地金(インゴットなど)の場合、50万円の特別控除が受けられます。



一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるとネットで広告が出ていたから利用してみたのに、納得できないような安い金額で金を手放してしまったという苦い経験をした方もいるかもしれません。金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、客の無知に付け込んで悪質な営業を行っているところも存在するので、十分気を付けなければなりません。

自分や知人がこういう事態に巻き込まれてしまったら、次の被害者を防ぐためにも、消費者センターに事態を報告するべきでしょう。



京都府の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

京都府で着物の高価買取なら