バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

ブランド物の買い取り相場を正しく知るのは、そう簡単ではないのですが、ただ有名ブランドのバッグに限っては、ネット検索によって買い取りの価格相場はかなり正確な数字を知ることができるようです。
ブランドバッグの、その中でもいわゆる定番と呼ばれるものの場合だと長い間安定して人気を維持し続けていて、そのため、価格の変動も少なく、ほぼ正確なところを知ることができるでしょう。それとは違い、中古価格がいくらになるかつかみにくいものが、先々人気がでるのかもわからないほど新しすぎる商品、またあまりよく知られていないブランドのものや、他には流行り廃りの激しいアクセサリーなど、装飾品全般でしょうか。
これらの相場をネット検索で知るのは不可能に近いと思ってください。一つ一つ査定を受けてみないと、正確な値段は出ません。



ブランド品を売却したいと思っても、どこの業者に買い取ってもらえば一番得になるか判らなくて困るという場合は、複数の業者が、それぞれに算出した査定額を比較できるサービスが、ネット上に「一括査定サイト」として存在しますので、利用してみると良いでしょう。

今持っているブランド品のブランド名、商品名などといったことを所定の入力フォームに入力するだけで、サイトにより数は異なりますが、複数の業者から査定額を知らせてきます。



査定額を比べて一番高いところを知ることができるため、少しでも高い値段での買い取りを望む人からしてみればとても便利なシステムですね。こういった一括査定の申し込みに料金はかかりませんし、何か問題があれば、売るのをやめておくだけですから、初心者にとっても簡単で、気軽に利用できるはずです。
この先、使用予定のないブランド品を売ってお金にしたいけれども、行動範囲内に店舗が見当たらない、お店に売りたい品物を持って行く時間もないといったように、お店に行きたいけどなかなか行けないという人もいます。そういった場合は、宅配買い取りサービスを提供しているところをネットなどで見つけて利用すると、便利です。
お店に電話やメールで連絡すると、箱や袋などの宅配キットを送ってくれますので、それで品物を送付すれば、査定を受けます。

査定結果を知らせてくれますから、金額に不服がないようなら、お金の振り込みがあり、これで無事完了です。

1952年、ギャビー・アギョンが興したクロエは世界的なファッションブランドの一つで、本店はフランス、パリにあります。手の込んだ作りで素材も良く、高級感漂うデザインですが、カジュアルにも合わせることができ、比較的若い女性の支持を集めているようです。
世界的なファッションブランドへとクロエが成長したのは、名デザイナー、カール・ラガーフェルドがヘッドデザイナーとして就任したことが、発端となったようです。クロエで高額査定を出したければ、いくつかの店で査定を受け、クロエの価値を良く知る店を選ぶのが高価買取への道です。中古ブランド品の商品価値というのは、人気やブランドそのものの価値といったような複数の要素が絡み合うのでそれ程たやすくわかるものではありません。そういう訳ですから、使わなくなって保管しているだけのブランドの何かに、ちょっと意外な程の高値が付くことも、ないとは言い切れません。
いい話ばかりではないにせよ、そして売買の話が最後まで進むかどうかはともかく価値の知りたいブランド品などがあるなら一度、査定を受けたら、面白い結果が得られるかもしれませんよ。



単なる中古ブランド品だったはずなのに、思わぬ理由で高い値段がつくような物に変わっている可能性もある訳です。

ブランド品も奥が深いですね。手持ちの不要なブランド品を買取店で買い取ってほしい時は、宅配買取サービスを使うことによって、利用したい買取店まで品物を持ちこむ手間暇を全くかけずに済み、その分時間もかからず、便利になっています。

お店が設置したサイトなどからブランド品の買い取りを申し込むと、お店からは配送用の箱などが送られてきます。
それから、入るだけそこに品物を詰め込み、お店に返送すると、お店の査定員が、それらを査定してくれます。買い取ってほしい物の点数が多かったり、忙しくて時間がないという場合は、このサービスを使って買い取ってもらうのが良さそうです。


買取店で中古のブランド品を買い取りしてもらおうとする時、商品以外に必ず持っておかなければいけないのが運転免許証など、本人確認ができる書類です。本人確認書類が必要な理由としては、ブランド買取店は古物商なので古物営業法に則って営業しています。この法律により、店に商品を売りに来る人に対し本人確認をする義務がありますので、そのため本人確認書類を店頭で提示するようにお店から求められます。

多くの人が運転免許証や、健康保険証を使用しますが、パスポートや、また、住民票でも事足りるのですけれど、法を順守しようとするお店であれば、100%提示を求められるはずですから携行していないと困ったことになります。気を付けてください。


不要になったブランド品を、いくつか売却するつもりでいるブランド買取店が実際にどういうお店なのか、ということは事前に見聞きしておきたいところです。昨今では少し検索でもすると口コミが色々と見つかるでしょうから、お店で買い取りを、と考えているところなら、一通り目を通してみても良いでしょう。
キャンペーンで査定価格がアップ中、などという情報が書き込まれているのを見つけたら、すぐにでもそのブランド買取店まで顔を出して、買取依頼をしたくなるというものでしょう。



ブルガリと言えば、もはや世界の宝飾品ブランドであり、宝石、時計、アクセサリーなどを扱い、また、後になるとバッグや香水などの、数々の質の高い商品を次々と世間に送り出してくれています。1884年、ローマにてソティリオ・ブルガリが創業したブルガリは、当所は銀細工の店としてスタートしました。

うまく時代の波に乗りつつ、各国へ進出を果たしていき、今や世界中に直営店のある、大ブランドになりました。少なくとも、ブルガリの時計に限定していえば、買取点では、多少使い込んでいた位であれば、高い値段で買い取ってくれる店は多いでしょう。
憧れのバッグとして、その名前を挙げる女性も多いエルメスのバーキンですが、バーキンが誕生したエピソードは、エルメスファンでなくても知っている程有名で、商品名は女優兼歌手のジェーン・バーキンに由来しています。
彼女が、物をたくさん詰め込まれた籠を使っているのを当時エルメスの社長だった人が目にし、いろいろなものを次々と入れることができる、便利で使い良いバッグをプレゼントすることにし、こうしてバーキンが生まれたのでした。バーキンといえば、長期にわたって人気が続いている大定番ですから、よっぽどのことがない限り高い値段がつくことになるでしょう。

バレンシアガというブランドは1914年に、スペイン人、クリストバル・バレンシアガにより創業されたファッションブランドで、スペイン国内にて設立されました。内戦により、スペインからフランスへ本拠地を移したのが1930年代で、スペイン生まれですが、スペインのブランドとはいえません。
ラグジュアリーブランド、つまりルイ・ヴィトンやエルメスのように、ハイクラスのブランドとして存在し、服飾、バッグ、靴などをはじめ、宝飾、香水、時計など、商品はファッションにまつわる様々なもので、数が多いです。中古ブランドを買い取るお店では、バレンシアガのバッグ、財布、小物などについては、高価買取が充分期待できます。


買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

着物の高価買取なら