バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 東京都 > 中央区

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、東京都中央区周辺でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、中央区内で査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

東京都中央区の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

東京都中央区の着物買取はこちら

特選着物買取きものおおば
〒103-0004 0120-848663
東京都中央区東日本橋3丁目6-6
アンティークモール銀座
〒104-0061 03-3535-2115
東京都中央区銀座1丁目13-1
チケット大黒屋/水天宮店
〒103-0013 03-3663-0733
東京都中央区日本橋人形町1丁目15-4-1F
チケット大黒屋/東京駅前店
〒103-0028 03-3278-3081
東京都中央区八重洲1丁目6-19
チケット大黒屋/日本橋三越前店
〒103-0022 03-3548-9375
東京都中央区日本橋室町1丁目6-1-1F
チケット大黒屋/ブランド館銀座和光前店
〒104-0061 03-5537-7541
東京都中央区銀座5丁目7-1-B1F
チケット大黒屋/質銀座和光前店
〒104-0061 03-5537-7591
東京都中央区銀座5丁目7-1-8F
チケット大黒屋/ブランド館松屋銀座前店
〒104-0061 03-5159-6811
東京都中央区銀座3丁目5-5-2F
チケット大黒屋/質東京駅前店
〒103-0028 03-6225-5574
東京都中央区八重洲1丁目6-19-2F
おたからや銀座店
〒104-0061 0120-507311
東京都中央区銀座4丁目3-2
リサイクルショップTATA
〒103-0013 03-3639-0031
東京都中央区日本橋人形町1丁目18-8
特選着物買取きものおおば
〒103-0004 03-3664-8663
東京都中央区東日本橋3丁目6-6
KOMEHYO/銀座店
〒104-0061 03-3571-2588
東京都中央区銀座5丁目6-12
PINKMOON
〒104-0054 03-5547-4900
東京都中央区勝どき2丁目8-12-304
株式会社スタンディングポイント
〒104-0061 0120-856411
東京都中央区銀座6丁目9-4
きもの今昔処わらじ(和楽市)/全国きもの出張買取ダイヤル
〒104-0061 0120-529886
東京都中央区銀座1丁目13-1
ありがとう屋日本橋ショールーム
〒103-0023 0120-263273
東京都中央区日本橋本町1丁目4-12
下町おもしろ工芸館
〒103-0013 0120-643780
東京都中央区日本橋人形町2丁目2-6
きもの今昔処わらじ(和楽市)
〒104-0061 0120-529886
東京都中央区銀座1丁目13-1
株式会社ブランドオフ
〒104-0061 0120-304117
東京都中央区銀座6丁目16-12
MARUKA銀座本店
〒104-0061 0120-897805
東京都中央区銀座5丁目5-1
ザ・ゴールド
〒103-0027 0120-355525
東京都中央区日本橋3丁目3-9-5F
ギンザショーマ(GINZAXIAOMA)
〒104-0061 0120-900864
東京都中央区銀座7丁目6-11-1F
ミズリサイクルショップ(Ms.リサイクルショップ)勝どき店
〒104-0054 03-3532-4228
東京都中央区勝どき2丁目9-2-104
ありがとう屋日本橋ショールーム
〒103-0023 03-6202-5781
東京都中央区日本橋本町1丁目4-12
株式会社シモムラリサイクル事業部
〒103-0023 03-6202-5781
東京都中央区日本橋本町1丁目4-12
ブランドオフ銀座本店
〒104-0061 03-6274-0039
東京都中央区銀座5丁目7-2
小倉時計店
〒104-0061 03-3561-0630
東京都中央区銀座3丁目8-1
インザクローゼット
〒104-0061 03-3248-0063
東京都中央区銀座4丁目14-19
おたからや新富町店
〒104-0041 03-6280-3025
東京都中央区新富2丁目11-2
きもの良松
〒104-0061 03-5568-4402
東京都中央区銀座5丁目1
ブランドショップMARUKA銀座本店
〒104-0061 03-6228-5677
東京都中央区銀座5丁目5-1
株式会社FLAWLESS
〒104-0061 03-6228-6146
東京都中央区銀座4丁目6-11
たんぽぽハウス人形町店
〒103-0013 03-3664-0755
東京都中央区日本橋人形町2丁目10-5
ロコシーラ銀座本店
〒104-0061 03-3538-6421
東京都中央区銀座2丁目4-19
紺屋廣瀬
〒104-0061 03-3541-7879
東京都中央区銀座3丁目13-2
たんす屋人形町店
〒103-0013 03-3249-0529
東京都中央区日本橋人形町2丁目9-7
株式会社羽久
〒103-0007 03-3667-6051
東京都中央区日本橋浜町3丁目9-3
きもの今昔処わらじ(和楽市)銀座店
〒104-0061 03-3567-7556
東京都中央区銀座1丁目13-1
KOMEHYO/買取センター銀座
〒104-0061 03-3571-2488
東京都中央区銀座5丁目6-12
サザンクロス銀座店
〒104-0061 03-3561-6603
東京都中央区銀座2丁目7-7
フェアー・プライス株式会社
〒104-0061 03-6263-0965
東京都中央区銀座1丁目13-6
ブランドショップビープライス
〒104-0061 03-6264-5036
東京都中央区銀座5丁目1
たんす屋東銀座店
〒104-0061 03-3547-1529
東京都中央区銀座5丁目15-19
ありがとう屋日本橋ショールーム
〒103-0023 03-3231-1710
東京都中央区日本橋本町1丁目4-12
株式会社シモムラリサイクル事業部
〒103-0023 03-3231-1710
東京都中央区日本橋本町1丁目4-12

バイセル買取の基礎知識コラム

第一次世界大戦後の混乱がまだ尾を引いている1921年、グッチオ・グッチが創業したのはそんな時代で最初はフィレンツェの一レザー工房でしたが、ほどなく店舗を持ち、製品が人気を呼んで成功をおさめていきます。1951年にアメリカ進出、それから1964年に日本に上陸しました。

どんな商品があるか見ていくと、バッグ、靴、財布といった定番のレザーグッズから、様々なウェア、香水、アクセサリー類や時計などと実に手広く、商品の類を見ない多さというのも、特徴の一つです。



その歴史はお家騒動などもあってかなりドラマチックなのですが、そんな中、多くのデザイナーを排出しました。高名な一人にトム・フォードがいます。



根強い人気を誇るそんなグッチの商品なら、買取店はどこでも買い取り希望リストの上位に入っているはずで、高額買取が望めるでしょう。最近のブランド買取のやり方ですが、宅配を利用した買い取りサービスを行っているところも多く、店頭まで足を運ぶ手間暇を全くかけずに済み、大変便利になっており、なんと最初から最後まで在宅での手続きが可能です。ホームページ上から買い取りを依頼すると、商品を詰めるための配送キットが届きますので、その箱に売却を希望する品々を入れて梱包し、お店に送ると、お店の査定員が、それらを査定してくれます。小物がたくさんあったり、店に出かける時間がないなら、こういったサービスを上手に使うと良いですね。


当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。


ちなみに、ブランド名のルイ・ヴィトンは、スーツケース職人だった創始者の名前からつけられています。

ルイ・ヴィトンといえば、言わずと知れたモノグラムでしょう。
モノグラムとは文字を組み合わせたマークのことですが、LとVの、ヴィトンのトレードマークともなっている柄は見間違えることなくヴィトンだとわかります。


ルイ・ヴィトンの製品を好む人は、どの年齢層にも一定数以上いて、ブランドの人気が長く続いていることが伺えるのですが、ファンの中には、時折出る新作や、限定品などをまめに購入する向きもあり、飽きがきたヴィトン製品を買取店に持ち込んで買取を依頼し欲しい新作や、限定品を買う費用の足しにする人もいるようです。様々な場面で使い勝手のいいのがブランド品というものですが、買い足していくうちにいずれ、使わなくなる物がでてきます。使わないのであれば、いっそブランド品のバイセルに買い取ってもらうというのはいかがでしょうか。ただしそういった際には、ブランド品買取に関する口コミ情報をざっと読んでおくと、色々なことを知ることができます。まず、色々な業者がいることがわかります。

たちの良くないところもありますし、何かと理由をつけて査定額を安くしようとする傾向のあるお店とか他の業者と比較して明らかに買取価格が安くなっているところなど、様々な口コミ情報を知ることができるでしょう。こうした口コミを単なる噂話と捉えるのは間違ってはいませんが、貴重な情報も多いので、できれば読んでおいた方が良いのです。
売買をスムーズに、しかも可能な限り有利に行ないたい場合にはちょっとしたリサーチも売買には有利となることが多いです。
大変高い人気を誇るブランドの一つ、フランス生まれのシャネルは、1909年、ココ・シャネル(ガブリエル・ボヌール・シャネル)によって創業され、彼女の名前を冠した、いまや絶大な人気を誇るファッションブランドです。パリの帽子店「シャネル・モード」として出発し、服飾から香水、化粧品という風に、展開していき、更に大人気のバッグ、靴や財布、時計と、多くの商品を世に送り出しています。

人気は概して高く、ファンが多くてコレクターも大勢いますので、物にもよるのですが結構な高額買取があるかもしれません。

どんなバイセルであっても、嬉しい買取になるのがプラダなのですが、1913年、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟により立ち上げられた高級ブランドです。

立ち上げた当初は皮革製品を扱う店で、こだわりの素材を使用し、高い品質を実現させて、しばらくするとイタリア王室のご用達となったのです。

時は経ち、プラダ衰退の時代もありましたが、ミウッチャ・プラダが3代目のオーナー兼デザイナーとなり、そのコンセプトを「日常を贅沢に飾る」としデザインや素材の使い方で革新的な商品を次々に開発して、世界的ブームを巻き起こした歴史があります。業者に買い取って欲しいブランド品が多数であったり、重量があって持ち運べない、大きくて梱包も難しいといった場合、または介護や育児でなかなか外出できない等の事情があるなら、業者に来てもらった方が話が早いです。

出張買取サービスを利用しましょう。大型のスーツケース、または移動させるのが難しい物を買い取ってほしいという向きが気軽に利用しています。自宅に限りませんが、商品のある場所まで業者のスタッフを呼んで査定してもらい、結果に満足なら売却分の料金を受け取って売買は終了、という流れです。ただし、女性が一人で住んでいるため、男性が自宅に入ってくるのは好ましくない、等といった事情があるなら、同性のスタッフに出向いてもらうよう先に言っておくと、配慮してもらえるでしょう。いくつもブランド品を持っている、という人は多いでしょう。そしてもう使わなくなって、保管だけしている物もあるのではないでしょうか。

それらについて、勿体ないですから「売った方が得」と思う人は多いでしょう。でも、利用する買取店を慌てて選んでしまうというのは良いことではなく、やめておくのが無難です。
なぜなら、店はどこも同じという訳ではなく、出してくる価格が違ってくるからなのです。そういう訳で、買取店はいくつか見て回って、比べて決めるというのが、いくらかでも得ができる方法なのです。
1914年、ちょうど百年ほど昔、バレンシアガは、バスク系スペイン人、クリストバル・バレンシアガによりスペインで創業されたブランドです。



1930年代には、パリに本社を移転したので、フランスのファッションブランドとして知られています。
ハイブランドとしての立ち位置にあり、ラグジュアリーブランドとして企業展開中で、服飾から、皮革製品のバッグ、靴、それに宝飾、香水、時計といったように、さまざまな商品を揃えています。ブランド品の買取店で、バレンシアガの製品を売るつもりなら、財布やバッグ、小物などは、高価買取が充分期待できます。


かのプラダの、妹ブランドとしても知られるミュウミュウは、ミウッチャ・プラダが1993年に、つくったファッションブランドで、ミウッチャの小さい頃呼ばれていた愛称がブランド名となりました。
できてからまだ20数年しか経っていませんが、個性の強さを前面に、革新性を目指そうとする創業者ミウッチャ・プラダの思いが組み込まれており、人気のあるブランドです。
ミュウミュウの強化買取を行っているという買取店がたまにあるくらい人気も需要も高いということが窺えます。



買取店で中古のブランド品を買い取りしてもらおうとする時、何はともあれ必須なのが本人確認のための書類で公的機関から発行されたもの、例えば運転免許証などです。



身分証明書が必要な訳ですが、古物営業法という法律により、古物商であるブランド買取店は、商品を売却しようとする人の名前や住所などを確認しなければなりません。ですからそれらが記載されている書類を見せるように言われるのです。運転免許証で用を済ませる人が多いですが、健康保険証やあるいはパスポート、それらがなければ住民票でも大丈夫ですが、提示することになるのは確かですから携行していないと困ったことになります。


気を付けてください。

東京都中央区の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

東京都中央区で着物の高価買取なら