バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 宮崎県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、宮崎県内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

宮崎県の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

自分で仕立てた着物だけでなく、譲られたものなど結構あって着物を買い取ってもらえないかなと思う方も案外身近にいるものです。それでは、売れやすい着物は何なのかと誰でも疑問に思うでしょうが、訪問着は一番買い手が多く、比較的高値で売れます。訪問着なら年齢を重ねても着ることができて、未婚・既婚も問うことなく、いろいろな場面で着ることが可能なためです。


手持ちの訪問着で思い当たるものがあれば、査定だけでも受けてみることをおすすめします。


初めてのお宮参りのために、訪問着を購入しました。


はじめはレンタルを考えていましたが、周りから、これから着る機会が何度もあるからといわれたのです。その後、着物の手入れは本当に難しいと痛感しています。



晴れの席に着る着物なので、上質の素材で柄もきれいな着物を買いました。


美しさを保つために、季節ごとの手入れは欠かせませんよね。桐箪笥で保管したいとは思うのですが、横長のタンスを置く場所はありません。
七五三で着た後はごめんなさいをして、後は思い切って買い取ってもらおうかと真剣に考えています。

着物はトータルコーディネイトするものなので、着物、帯はもちろんトータルコーディネイトできる小物類、つまり帯締めや帯揚げなど併せて買取可能です。それでも、襦袢の買取は難しいと思ってください。肌着とは言えませんが、下着に分類されるため未使用ならともかく、着用済みでは値がつかないのです。それでも買い取る可能性があるのは素材が絹など上質で、未使用の襦袢や、今では珍しいアンティーク柄の襦袢などは需要はあるかもしれず、買い取りできるかもしれません。

査定はたいてい無料なので、出してみてはいかがですか。

いらない着物を買い取ってもらいたいので、その前に査定額は何で決まるのかネットであれこれ調べてみました。

当然ですが、もともと高級な着物であることは欠かせない要素ですが加えて、保管状態や使用状況、つまりシミや傷がないかなどもかなり重要な問題のようです。
ブランド品や、最高級品といわれる着物であっても傷があることがわかると査定額は大幅に下がるようです。いろいろ思い入れのある織り着物を持っていて、手入れを欠かさずに長いこととっておいてもいつも洋服の生活ですから着物を着ることが、今後ないかもしれないという事情もあって手放すことを考えはじめました。買取ができるかどうかネットで調べた結果、着物の買取を行う業者が、いくつもヒットしました。


誰か着てくれる人がいるなら着物が役に立つ可能性もあると思いいつ、どこに売るかを検討しはじめました。これから、着物の買取をお願いしようというとき持ち込みも出張査定も行っているとして、少しでもお得なのはどちらか考えると、できればお店へ持って行きましょう。もし納得いく査定額でなかったとき、その場で買取を決めず、他のところに持ち込むこともできるからです。
持ち込みは難しく、宅配か出張で査定してもらう場合、出張査定の料金がかからず査定の結果に納得いかなければキャンセルできるとはっきり示しているか、確認してから依頼しましょう。



着物バイセルに問い合わせてみると、着物だけを買い取るのではなく、各種和装小物も買い取るところが多いのです。買取依頼をするときに、着物と小物を合わせて査定してもらうとトータルコーディネイトもできるので査定価格を高目におまけしてくれるという話もよく聞きます。



着物と一緒に買った小物類で、着物同様もう使わないのであれば着物を送る際、一緒にして無料宅配査定をありがたく利用させてもらうと不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。着物買取の前に査定をするわけですが、そのときぜひ一緒に見せてほしいのが証紙です。反物や着物についてくる証紙は、織り元や織物工業組合など、産地の基準に適合していることを証明として発行された登録商標のしるしです。

もう必要ないと思うのか、捨ててしまう方や探しても見当たらないという方もいるようですが、あれば高値がつくのではなく、ないと価値が下がって損をすると考えて、査定までに見つけておいてください。

質屋では以前は和服の取扱いが一般的でしたが、いまは扱わない店も増えていますから、いきなり店舗に持参せず、先に電話などで聞いたほうが確実です。

また、着物買取を専門にした業者もあり、より高い価格で買い取ってくれるので、そちらの利用を考えてみてはどうでしょう。


近所に心当たりがないときは、ネットで探せますし、宅配や訪問査定もできますよ。着物の買取で、タンスの肥やしを処分できればと思うけれども、売れなかったらどうなるのかな。そう思うのは当然です。



振袖、訪問着、付け下げなど着物には多くの種類があります。



また素材や技法によって価値が変わるので、素人が買取価格を予想するのは無理です。それでも、有名作家の作品や、有名ブランドの着物だった場合は高値で売れる可能性があります。
比較的新しいブランド品はサイズが大きいものが多く、着たい人が多いため高値で転売できる可能性があるからです。
一度も着ることなくしまわれていた着物も、無条件で付加価値がつくとは限りません。袖を通したことはなくても、保管している間に経年劣化して、時間の経過に伴い、状態の悪化が考えられます。未使用かどうかは必ずしも関係なく、査定時に状態が良いかどうかが問題なのです。仕立て下ろしで今後も着ない、手入れもしていると思う着物は買い取りに回しましょう。

無料査定を受けられる業者を探してください。



宮崎県の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

宮崎県で着物の高価買取なら