バイセル買取の評判口コミ

\高く売るならバイセル買取で/

トップページ > 兵庫県

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理で着物が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、兵庫県内でもう不要になってしまった着物や振袖、他にも、ブランド服や古銭、骨董品に金やプラチナなどを整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】着物を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

バイセルはいろんなものを買い取ってくれますが、特におすすめなのが着物の買取です。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今では出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、着物の持込買取って大切な品物を運ぶリスクが意外と大きいんですよね。

反対にバイセルの出張買取の場合は、品物を運ぶリスクはほとんどなく、予定していた着物以外にも貴金属などを一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\着物が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【買取対象品はこちら】
骨董品、陶磁器、瀬戸物、茶器、仏像、遺品、着物、洋服、ジーンズ、サングラス、小物、ブランドスーツ、古銭、記念硬貨、古紙幣、金、指輪、ネックレス、時計、ロレックス、オメガ、金、プラチナ、ジュエリー、ダイヤモンド、婚約指輪、結婚指輪、酒、ブランデー、ウィスキー、毛皮、ミンク、チンチラ、バッグ、エルメス、シャネル、ヴィトン、きもの、帯、和服、洋服、衣類、葉書、切符、ハガキ、年賀状、など

【着物についてもっと詳しく】
留袖、振袖、訪問着、付け下げ、小紋、色無地、紬、友禅、上布、沖縄着物、アンティーク、男性着物、作家着物、袋帯、名古屋帯、丸帯、半幅帯、反物、和装小物、和装上着

バイセルでは、下記のような着物でも無料査定を行なってくれます。
証紙や証明書がない着物、シミのある着物、柄や色が古い着物、大量の着物、紋付の着物、仕立てる前の反物、帯だけ

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、不要品を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

タンスに眠っている着物などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

たとえシミや汚れがある着物であっても、買取してもらうことでのちのち和装小物にリメイクされる事もあるようなので、まずは無料査定をしてもらって下さい。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、ぜひ利用を検討してみてはいかがでしょうか。

兵庫県の方向け着物買取によくあるQ&A

バイセルではいろんなものを買取してもらえますが、こちらでは、今一番注目されている着物買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 祖母の遺品整理をしていたら古い着物が大量に出てきました。着物の買い取りって枚数制限はありますか?

A. 基本的に枚数制限はありません。着物の枚数が多いほど買取価格が上がります。

着物を複数枚持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方が査定金額は高くなるのでおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切な着物を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • 着物をまとめて複数枚売る
  • 和装小物などの付属品も一緒に売る
  • 証紙や証明書があれば付属する
  • 着物以外のブランド品も査定してもらう

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれる着物は人気の色や柄などが関係してくるようです。振袖で例えるなら、赤色やピンク色は人気が高く高額査定をしてもらいやすいそうですよ。

それから、サイズが小さい物は需要が少ないため査定額が低くなりますが、サイズが大きい着物であれば平均サイズに仕立て直すこともできるため、査定額が高くなります。

たとえ汚れやシミがある着物であっても、サイズが大きければ和装小物にリメイクすることも可能なため、高価買取してもらいやすいと考えられます。

Q. 着物の価値がよくわかりません。買取相場はだいたいどのくらいでしょうか?

A. 着物の状態によって大きく査定金額が異なるため、以下の買取相場はあくまでも目安になります。

振袖15万円~30万円
黒留袖17万円~35万円
色留袖18万円~36万円
訪問着10万円~20万円
小紋7万円~10万円
5万円~10万円
伝統工芸品(産地物)20万円~40万円
作家着物20万円~40万円
名古屋帯2万円~4万円
袋帯5万円~6万円

上記の買取相場はあくまでも目安です。

着物にキズや汚れ、シミがあれば査定額は低くなりますが、買取可能な業者が多いので問題ありません。

着物は元々とても高価なものなので、ご自分が思っている以上の高値で買い取ってくれることも十分あり得ます。

CMなどでもすでにご存じかと思いますが、こちらでご紹介しているバイセルであれば無料で査定を行なってくれますので、査定だけでも申し込みしてみることをおすすめします。

バイセル買取の基礎知識コラム

買取のとき、着物と一緒に持って行き、証紙を一緒に見せられるようにしてください。



証紙とは何かというと、反物の織り元や織物工業組合などで決められた基準を満たすことについて公に証明している独自の登録商標を指します。

この証紙を捨てる方や探しても見当たらないという方もいるようですが、付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、なんとか探し出してください。

一般的に高価な和服。

バイセルで処分する際も、誠実で手慣れた業者に依頼しないと、買い叩かれて損失を被ることがないとは言えません。よく聞くトラブルというと、無茶な査定額(かなり安値)が一番多く、そのほかに宅配査定で断ったけれどなかなか返してもらえないなどですね。


業者の評判を調べ、査定依頼すると良いでしょう。

また、中身の写真を撮っておくというのも良いかもしれません。
発送伝票も大切に保存しておいてください。先日のことですが、祖母の遺品である着物を着物買取専門のお店に持って行きました。


祖母の形見ですが、着る人もなくこのまま日の目を見る機会がないのも祖母の本意ではないでしょうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。

価値をきちんと評価してもらいたいと思い、複数の業者で査定を受けました。

有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。

それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。

売りたい着物があれば、そこで重要なポイントになると思われるのは着物の価値を正しく評価した査定額かではないでしょうか。相場がわかればと思うかもしれませんが、これが相場、という基準はありません。素材の価値や仕立て、保管状況、丈や裄などによって価格は流動的と考えるべきです。
経験豊かな専門店の鑑定士に査定してもらうしかありません。


どこでも、査定は無料で行っていますから、遠慮せずに、近くのお店に電話してみましょう。
着なくなった着物の処分は難しく、困っている方もかなりいるのではないでしょうか。
着る機会はないし、捨てるのもどうかと思いますし、まだ着てくれる人がいて、お金になるなら売りたいところです。



もし着物を売りたいなら、専門業者の中では友禅市場を候補の一つにしてみてください。


査定料がかからないことはもちろんですが、送料も無料です。
見積りだけの利用もできます。
着物の処分を考えている方、まずは試しでこの店のことを調べてほしいと思います。



高価な着物は持っているだけで優雅な気分になれるものですがお手入れするのは結構負担ですよね。虫干しに始まって和紙を挟んでから形通りに畳み、最後に桐箪笥に入れて保管しなければならず念を入れた手入れが必要です。もしも、着ないとわかっている着物や、サイズが合わない着物があれば買取を考えてもいいのではないでしょうか。


着物も再び着てもらい、見てもらうことができますし、枚数が減れば、お手入れの手間も減ります。
箪笥の肥やしになっている古い着物。

どうにか処分したいとは思うのですが、それぞれに思い出もある着物なので、ついに処分できずじまいでした。
でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。


驚きました。和服を着たい人って多いんですね。



以前近所の古着屋さんに打診したときよりずっと高額で、着物の買取を専門にしている業者さんというのは大事にしていた着物の処分も安心して頼めると思いました。
処分するならこういうところにお願いしたいですね。そんなに嵩張るわけでないなら、着物買取店に自分で持ち込むのが一番だと思います。わざわざ家に来てもらうこともないので、仮に査定額が気に入らないときでも、気楽に断れます。
直接会って話すわけですから、価格を交渉することもできます。また、かなりの量で全部を持ち込めないときは、いくつかを自分でピックアップしたうえで持込査定を依頼し、納得できた業者さんだけに出張査定をお願いするというのもありですね。
次の人にも大事に着てもらいたい着物を高く買い取ってもらうために手間を惜しまないなら、何軒かの業者を回り、査定価格をメモして業者ごとの価格の違いを調べてください。
査定後のキャンセルができる業者を利用した方がいいでしょう。
査定額を比べて、検討した後、金額に加え、対応にも信頼の置ける業者と話ができるよう査定のときに、条件を出されたとすれば、そこを十分確認してから決めましょう。

不要な着物を処分した結果、予想以上の金額が手に入る可能性もあります。
確定申告は必要なのか、気になるところです。

着物は衣類なので、生活必需品に分類され買い取りも課税対象ではないのですが、高級品で、美術工芸品とみなされる場合は課税対象になり得るので簡単に割り切れない問題です。いい値で売れて喜んでばかりもいられないときは、後から申告漏れで追及されるのは誰でも嫌なので、申告時期の前に、直接税務署に相談した方がいいと思います。
着物バイセルはトータルで売ることを考えているので、着物のみならず、各種和装小物も買い取るところが多いのです。
従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると売れるものの幅が広がりますから査定価格に若干上乗せしてくれるという宣伝をしているところもあります。
たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば着物を送る際、一緒にして宅配便にし、査定してもらうと不要品も片付き、いくらかお金になる可能性があります。

兵庫県の方向け買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめの着物買取業者なら/

兵庫県で着物の高価買取なら